社員インタビューstaff interview

和気あいあい みんなで一緒にものづくり和気あいあい みんなで一緒にものづくり

鈴木晋作/田代綾子鈴木晋作/田代綾子?1106

わたしの仕事

わたしの仕事

  • 樹脂加工現場での製造マネジメント業務
  • 作業計画の策定、スタッフ配備調整
  • 製品図面のチェック、材料の納期調整
  • 作業フォロー・調整など
アイコン
入社のきっかけ

遠興社員との
縁がつないだ入社

鈴木
同級生のお父さんがたまたま遠興の社員で、休日に職場を見せてもらえる機会があり、そのご縁から入社することになりました。
主な入社動機としては、自分が持っている設計の技術を活かせそうなことでしたが、入社3年目の今、望んでいたCADを使った設計業務はもちろん、現場のすべての工程に関わりながら業務を行うことができています。

田代
私も主婦時代に知り合いの社員の方から紹介していただき、パートとして入社しました。
前職で事務経験があったので、その後、本社の事務担当として社員採用していただき、そこから今の加工部に配属されました。入社から8年、いろいろな経験を積んで、事務業務だけでなく図面設計もできるようになり、今では作業計画などの管理業務等も任せていただいています。

鈴木晋作

鈴木晋作

私のやりがい

自分たちの設計やアイデアが
世の中の役に立つ

鈴木
やはり、自分達で一生懸命考え、設計したものが、製品として採用されたときの喜びは何ものにも変え難いですね。最近では、コロナ禍で通常の受注が落ち込む中、何とか感染予防に役立つものが生み出せないかと、みんなで知恵を出し合った商品がヒットして、びっくりするほどの注文が来た時、作業の大変さを忘れるくらい嬉しかったです。

田代
今の部所ではより多くの人と一緒にものづくりをしている感覚があります。特に今回のような状況の中では、設計・製造・事務担当の他、全国の営業担当者も含めて、みんなで協力しながら、より良い商品をつくり出そうと取り組みました。自分が設計に関わった学校机用の飛沫感染対策商品が、これ以上ないくらいにピタっとフィットして、みんなに喜んでもらえた瞬間は、最高でしたね。

仕事のスタイル

時間管理や効率を意識して、
家庭と仕事のバランスを崩さない

鈴木
本職の設計の仕事にはもちろんこだわりを持って取り組んでいますが、今、工場長のポジションが空いているので、作業計画の組み立てにも気を配っています。現場の状況に合わせて、常に仕事がスムーズに進行するように、先回りして動くようにしています。時にはオリジナルの治具を手作りして、みんなの作業効率や精度が上がるように調整する等、日々、工夫を凝らしながら対応しています。

田代
私は、こだわりがないのがこだわりというか、その時々に必要とされていることに対して、常に探究心を持って取り組めるタイプなので、どんな仕事にもモチベーションを持てているような気がします。そんな中でも特にこだわっているのは、「家庭あっての仕事」であること。主婦業を疎かにしないよう、自分にも周囲にも時間管理を徹底して、残業せずに仕事が回せるように、常に配慮しています。

鈴木晋作/田代綾子

田代綾子

だから遠興でよかった!

いつも自然体
何でも相談し合える

鈴木
組織としても雰囲気としても、いい意味で壁がない感覚がありますね。特に加工部は、日々みんなで協力して作業を進行していく必要があるので、壁があると業務に支障ができてしまいます。ここでは、みんなわからない事はわからないと率直に言えるし、言ってもらえる、教え合えるという心地良い関係性が成り立っています。

田代
それぞれの得意分野を活かし合って、例えば、細かい設計が必要な時は鈴木さんが、材料手配が必要な時は私が率先して行うというようなことがストレスなく出来るし、20名弱のスタッフみんなとその時々の課題を共有して、どんなことでも相談したり、何でも言い合えるところは本当にいいところだと思います。

鈴木晋作/田代綾子

遠興って実は...

家族みたいな会社

気兼ねなく、何でもみんなと相談しながら、仕事を進めていく。過度なプレッシャーはなく、でも、共通の課題や目標を一緒にクリアしながら日々を過ごしている。一言でいえば、大きな家族と一緒に仕事をしている、そんな会社です。

ENKOH RECRUIT